ディースクエアード ジーンズの詳細を徹底解剖!

当店でも絶大な人気をほこるディースクエアード。

ディースクエアードのジーンズは一度はいたら他ブランドのデニムがはけないというくらいリピート率の高いブランドです。今回はディースクエアードのジーンズの魅力について、ボタンやダメージなど詳細を確認しながら徹底解剖してみたいとおもいます。

1.フロント(前部分)

DSC_6252

通称赤タグとよばれるブランドタグが付いています。

DSC_6269

DSC_6250

DSC_6274

DSC_6279

DSC_6288

ウォッシュやダメージによって色が変わっている場合があります。

DSC_6249

たまに黒タグになったりもします。

 

2.ボタン

DSC_6254ディースクエアードオリジナルのボタンが使われています。書いてある刻印は「DSQUARED2 SINCE 1995」です。

DSC_6253

DSC_6263

DSC_6265

DSC_6273

3.リベット

DSC_6255

銅のような色とシルバー系の2種類が使われています。ジーンズの色によってリベットの色も変えています。こちらにもDsquared2のブランドロゴの刻印入りです。書いてある文字は「DSQUARED2 STUD」です。

DSC_6256

DSC_6275

DSC_6281

DSC_6277バックポケットは外側のみリベットが付いています。内側はステッチ(ミシン糸)。

4.ダメージ

DSC_6257

白くウォッシュをかけたり、破いてツギハギのようにしたり多彩なダメージ加工がほどこされています。色んな種類のダメージ加工があり、シーズンによって使い分けています。

DSC_6289

DSC_6290

 

5.ペンキ

DSC_6282

DSC_6276

ペンキをたらしたような加工もよく使われます。色によって名前が付いていたりします。例えばレッドスポットウォッシュ(赤)、アバタースポットウォッシュ(青)、オレンジスポットウォッシュなどなど。

6.メタルロゴ

DSC_6259

よくバックポケットなどに付いている、メタルのブランドプレートです。ロゴの刻印が入っています。

7.レザーパッチ

DSC_6283

DSC_6287

バックポケットやお尻のベルトループなどに革パッチが使われていることもあります。革にはディースクエアードのロゴやメッセージが刻印されていることが多いです。

DSC_6292

他にもラバータイプもあります。立体的です。

8.シルエット(パンツの形)

なんといってもディースクエアードは形がとってもよいです。ジーンズの形についてはこちらの記事でくわしく書いています。是非一度よんでみてください。

ディースクエアード ジーンズの形について詳しい解説

 

いかがでしたでしょうか?

お持ちのD2ジーンズがどんなリベットやボタンを使っているか、確認してみるのも面白いと思います!

田中